公正証書離婚の作成はお任せ下さい

公正証書離婚完成までの流れ

離婚条件の協議から始めて下さい。
細部まで話し合うことが出来れば、後悔する可能性が低くなります。

離婚条件の話し合いを始める

離婚条件の話し合いを始める

各ご夫婦によって話し合う内容は異なりますが、
一般的には親権・養育費・面会交流・財産分与・慰謝料・年金分割等を協議します。

養育費については長期間&お金の問題となるので、
大雑把に決めずに、後悔しない為にも細かく決めることが大切です。

「何を決めたら良いか分からない」という場合は、
当事務所オリジナルの離婚チェックシートをご利用下さい。 → チェックシートの詳細

離婚条件に合意する

お互いが離婚条件に合意する

トントン拍子で話し合いが進むという方は少数で、
様々な葛藤を経て合意に至る方が多いのが現実です。

公正証書離婚はこれらを乗り越えた上で作られるものです。

合意した離婚条件を正確に公証役場に伝えられるよう、
簡単なメモ書き(パソコン可)で良いので、残すようにして下さい。

原案を公証役場に提出

離婚条件を公証役場に伝える

公証役場に予約をして出向き、メモ書き(原案)を公証人に提出します。

公証人が原案の法的有効性の確認を行い、
問題がなければ、公正証書離婚の原稿作成に着手してくれます。

原案に無効な合意があれば、削除されるので、
持ち帰って再協議という手間をかけない為にも、有効な合意をする必要があります。

公正証書離婚の完成

公正証書離婚の作成日&完成

公正証書離婚の原稿が完成したら、都合の良い日(平日)を予約して、
ご夫婦で公証役場に出向き(必要書類を持参)、署名と押印をして完成となります。
(必要書類については、各公証役場にてご確認下さい。)

当事務所に公正証書離婚作成のご依頼を頂いた場合は、
代理人として原案作成・提出・署名と押印、全ての手続きを行います。
詳しくはこちらをご覧下さい。 → 公正証書離婚作成の流れ

仕切り線1

後悔しない公正証書離婚を作る為に

私が公正証書離婚を作ります

1番大切なことは「公正証書離婚の原案(内容)を充実」させることです。

内容が充実=時間をかけて話し尽くしたということであり、
離婚後のトラブルが減り、後悔する可能性が低くなることに繋がります。

【話し合い前の不安】

「何を話し合えば良いか分からない・・・」
「後悔しない為にも話し漏れをなくしたい。」

これらの不安は、正確な離婚情報や知識を集めることで解消出来、
これらは行政書士・書籍・インターネットを通して得ることが出来ます。

ご自身で集めることに不安を覚える場合は、
これまでの経験をもとに作った「離婚チェックシート」をご利用下さい。
(チェックシートのみの販売は行っておりません。)

【離婚チェックシートについて】

◇ 計13ページ63項目(養育費等)を掲載
◇ 離婚に必要な情報や知識を全て網羅

当事務所ではチェックシートと十分なヒアリングを通して、
知識や情報を伝え、オリジナルの公正証書離婚の原案を作成します。

参考までにご自身で作った公正証書離婚の原案がA4サイズ1枚としたら、
ご依頼を頂くことによって、不備等を追加し3~5枚程度の内容へ変わります。

【当事務所の考え】

◇ ご夫婦間の話し尽くしが大切
◇ 全国対応で公正証書離婚を作成

上述の通り、ご夫婦間の「話し尽くし」を大切にしているので、
依頼期間等は設けず、仮に完成まで何年かかっても追加料金を頂きません。

また公正証書離婚は全国各地の公証役場で作ることが出来、
住所地管轄がないので、遠方在住の方でも代理人制度を利用して作成出来ます。
(お客様は1度も公証役場へ足を運ぶ必要はありません。)

仕切り線1

公正証書離婚を作る効果

公正証書離婚のメリットをお伝えします

【公正証書離婚の効果】

① 強制執行(差押え)が出来る
② 心理的プレッシャーを与える
③ 証拠として残る

公正証書離婚には主に①~③のメリットがあり、
特に①強制執行を求めて、費用がかかってでも作る方が多いです。

【未払いの不安を解消】

夫「今月の養育費厳しいな。」
妻「未払いの時は強制執行します。」

公正証書離婚には①強制執行力という効果があるので、
養育費等の未払いが生じた時に給与等の差押えが出来ます。

【夫の心境】

「差押えされると格好悪い。」
「会社(上司)に迷惑をかけてしまう。」

仮に給与の差押えを受けると、勤務先に知られるので、
「約束を守らないと」という、②心理的プレッシャーを与えることが出来ます。

当事務所では強制執行は最終手段だと考えているので、
プレッシャーを感じることが出来る原案を作ることに力を入れています。

【不要なトラブルを防ぐ】

妻「養育費は月5万円の約束。」
夫「5万円ではなくて3万円の約束。」

公正証書離婚を作る=書面として残るので、
一方の勘違いから生じる不要なトラブルを防ぐことが出来ます。

また公正証書離婚には、「追加請求をしない」という「清算条項」を入れるので、
離婚後、支払者(主に夫)の生活設計が立てやすくなるというメリットがあります。

仕切り線1

公正証書離婚にも限界があります

公正証書離婚にもデメリットがあります

【公正証書離婚の限界】

① 100%安心とは言えない
② 約束が守られるとは限らない

公正証書離婚には主に①や②といった限界があり、
ご依頼前にメリットだけではなく、デメリットもお伝えしています。

【未払いが起きた時】

妻「強制執行の手続きに入ります。」
夫「仕事も辞めたし財産もありません。」

公正証書離婚を作れば強制執行が出来るとお伝えしましたが、
差押えるモノ(給与や財産)がなければ、回収出来ないということになります。

現実的には「無い所からは取れない」ということなので、
公正証書離婚を作っても100%安心出来ないということを覚えておいて下さい。

【過度なプレッシャーは危険】

A「給与20万円で養育費は15万円」
B「給与20万円で養育費は5万円」

先程、心理的プレッシャーについてお伝えしましたが、
過度なプレッシャー(A)にすると、仕事への意欲が下がり投げやりになります。

【夫の心境】

「好きにして下さい。」
「もうどうなっても構わない。」

公正証書離婚はただ作れば良いという訳ではありません。

このような開き直りが起きると、簡単に約束を破棄され、
時間と労力をかけて作った公正証書離婚の価値が失われます。

離婚原因によっては「少しでも多く」と思う気持ちも理解出来ますが、
夫のモチベーションを保つ為にも、適度なプレッシャーを考える必要があります。