後悔しない協議離婚の進め方

協議離婚の進め方

無料離婚相談を実施中です

協議離婚では養育費等の条件について、
夫婦間の話し合いで自由に合意することが出来ます。

こういう特徴なので、相手との協議を行う前に、
「希望や条件」をじっくりと考え、まとめてから進めるようにして下さい。

【離婚知識を集める】

◇ 離婚関連のウェブサイト
◇ 離婚書籍
◇ 離婚を経験者
◇ 離婚に強い行政書士

考えをまとめる為には、前提条件として
離婚の知識が必要となるので、こういった媒体から集めることから始めます。

ご両親の協力を得ることが出来れば、知識の収集を効率良く出来ます。
(当事務所への相談時に、ご両親が同席することも多々あります。)

次に集めた知識の取捨選択(必要・不要)を行い、
頭の中を整理して、相手に何を伝えるかを具体的にして下さい。
(例 養育費は○万円・○日払い・ボーナス月は別途○万円等)

【協議のポイント】

◇ 希望が100%叶う可能性は低い
◇ 妥協出来る・出来ないの判断が重要

次にまとめた考えをもとに、相手との協議を開始します。

離婚に至った原因にもよりますが、全ての希望が通る可能性は低いので、
「妥協出来る・出来ない点」の判断を間違えず、慎重に行うことが大切です。
(離婚原因が不倫の場合は、希望が通りやすい印象があります。)

どうしても妥協出来ない点がある場合は、
協議離婚を諦めて、調停離婚に進むという選択肢もあります。

【協議時の注意点】

夫「残りは離婚後に協議しよう。」
妻「分かりました。先に離婚届を出そう。」

様々な事情(保育園の入園等)から、協議を先延ばしにして、
離婚後、落ち着いてから再び協議を始めるご夫婦がいらっしゃいます。

この方法だと「相手が応じてくれない」というリスクがあるので、
時間がかかっても、全ての協議を終えてから離婚届を提出することが望ましいです。

「話し尽くす」ことが、後悔しない協議離婚へと繋がります。

協議を終えれば、離婚届を提出して成立となりますが、
合意内容を書面(公正証書離婚等)に残す場合は、作成後に提出することが大切です。

【関連記事】
協議離婚のメリット
協議離婚のデメリット
協議離婚で大切なこと
協議離婚での後悔(事例1)
協議離婚での後悔(事例2)
離婚の情報を集める
協議離婚の仕組みを理解する

当事務所では公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【協議離婚 2016/11/04】