離婚慰謝料の支払方法について

離婚慰謝料の支払方法

無料離婚相談を実施中です

今回は離婚慰謝料の支払方法についてお伝えさせて頂きます。
(「離婚慰謝料とは?」「慰謝料の金額」「話し合い方法」もご覧下さい。)

【離婚慰謝料の支払方法】

① 一括で支払う
② 分割で支払う

離婚慰謝料の支払方法は大きく分けて、
①一括払いと②分割払いという2つのパターンに分けることが出来ます。

一括払いの場合は、離婚前に受取ることが出来れば、
「未払い」という離婚後のトラブルが起きることはありません

お金の受渡時には「受取った」という書面を交わすことが大切で、
これがない場合、相手が「貰ってない」という悪意のある嘘をつく恐れがあります。

分割払いの場合は、未払いのリスクを下げることが大切で、
具体的には強制執行等の効力がある「公正証書離婚」の作成が効果的です。

ただ公正証書離婚の完成にはハードルが高いので、
実現出来ない場合には最悪「離婚協議書」を作るようにして下さい。

公正証書離婚離婚協議書を作る場合には、
「総額・分割額・支払日・始期・終期・期限の利益」6点を書くことが大切です。

現実的には分割払いになるケースが多いので、
離婚した後に後悔しないよう、しっかりと準備をすることが大切です。

【関連記事】
期限の利益の喪失事項って何?
協議離婚での後悔(事例1)
協議離婚での後悔(事例2)

当事務所では 公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【離婚慰謝料 2016/11/29】