不倫相手に慰謝料を請求する

不倫慰謝料を不倫相手に請求する

無料離婚相談を実施中です

婚姻期間中に夫が不倫をした場合、
精神的苦痛に対する対価として慰謝料の請求が出来ます。
(夫に対する不倫慰謝料の請求についてはこちらをご覧下さい。)

不倫慰謝料の請求は配偶者ではなく、不倫相手にすることも出来ます。

【不倫相手に請求する場合】

① 自分で動く必要がある
② 精神的にしんどくなる可能性がある

不倫相手への請求は全て①ご自身で動く必要があり、
具体的には面会をして金額交渉等を行うことになります。
(注 当事務所では不倫相手への請求について一切の関与は出来ません。)

このように動くことで②精神的にも辛くなることから、
当事務所では不倫相手ではなく、配偶者へ請求する方が多いです。
(※ 配偶者へ請求する方が不倫相手より多くもらえるケースが多いです。)

【どうしても請求したい】

「どうしても許せない。」
「なんとかして不倫相手に請求したい。」

このように不倫相手に請求したくても、
ご自身で行うことが難しい場合は、弁護士へ依頼する方法もあります。

弁護士は代理人として不倫相手に交渉してくれるので、
精神的な負担の軽減に繋がり、良い結果が出る可能性が高まります。
(注 慰謝料請求に強い弁護士を見つけることが大切です。)

但し、弁護士には報酬の支払いが生じるので、
事前に係る費用を計算してから、依頼の有無を決定することが大切です。

最後に慰謝料の合意が出来た場合は、
将来のトラブルを防ぐ為にも示談書(合意書)の作成をお勧めします。

【関連記事】
離婚慰謝料ってどんなもの?
離婚慰謝料の金額ってどれくらい?
離婚慰謝料はどうやって話す?
離婚慰謝料の支払方法
期限の利益の喪失事項って何?
離婚の2文字が頭によぎる
離婚前に考えること

当事務所では公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【離婚慰謝料 2016/12/05】