年金分割の制度を解説

年金分割ってどんなもの?(入門編)

無料離婚相談を実施中です

「年金分割ってよく分かりません・・・」

年金分割は離婚時に必要な手続きなので、
馴染みがなく、このように感じるお客様が多いです。

年金分割の制度を簡単に説明すると、
「婚姻期間中に納めた厚生年金」離婚に伴い分ける制度です。
(平成27年10月から共済年金は厚生年金に統一されました。)

【極端な例を使って】

◇ 夫は会社員
◇ 妻は専業主婦
◇ 婚姻期間は20年間

夫は会社員なので、毎月の給与から社会保険料が天引きされています。
(給与明細書に「厚生年金保険料」という項目があります。)

一般的に年金制度は2階建てと言われており、
1階に該当するのが国民年金、2階に該当するのが厚生年金となります。
(※ 自営業者は国民年金だけを納めるので、例外となります。)

ちなみに専業主婦(夫が会社員の場合)は第3号被保険者と呼ばれ、
毎月保険料を納めなくても、国民年金を納めたという扱いを受けます。

【将来貰える年金】

◇ 夫は国民年金+厚生年金
◇ 妻は国民年金だけ

将来、年金を貰える年齢になった時、
国から貰える受給額は「夫(国民+厚生)>妻(国民)」となります。

つまり夫は厚生年金分について、妻より多く貰えることになります。

婚姻生活を継続する場合、夫婦の財布は1つなので、
この差に問題は起きませんが、離婚すると財布は別々になります。

「夫が働けたのは、私の支えがあったのに・・・」

夫が仕事を出来たのは、妻の内助の功のおかげなので、
妻がこのような心情になることは当然であり、理解することが出来ます。

この不公平感を公平にする為に生まれたのが、
「夫が納めた厚生年金の一部を妻に移す」という年金分割制度です。

ちなみに年金分割には男性・女性は関係ないので、
仮に専業主夫(妻が会社員)であっても年金分割の制度を利用出来ます。

次からは具体的な年金分割の手続きについてお伝えさせて頂きます。

【関連記事】
年金分割を利用出来る人
3号分割ってどんなもの?
合意分割ってどんなもの?
年金分割と公正証書の関係
協議離婚の進め方
離婚スケジュールの立て方

当事務所では公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【年金分割 2016/12/21】