3号分割の概要について

3号分割ってどんなもの?

無料離婚相談を実施中です

年金分割の申請には3号分割と合意分割という方法があり、
結婚時期や婚姻中の働き方によって、どちらかの方法を選択します。
(厳密には3号と合意の併用申請もありますが、割愛させて頂きます。)

【3号分割の特徴】

① 平成20年4月以降の支払分が適用
② 専業主婦(主夫)又は扶養内パートが適用
③ 相手との話し合いは不要
④ 按分割合は一律折半で分割

先ず3号分割を利用出来る期間は①平成20年4月以降となるので、
①以後に結婚をして婚姻中②だったご夫婦は3号分割を利用出来ます。

このことから平成20年4月以前の支払分については合意分割が必要です。

次に③相手との按分割合の話し合いは不要なので、
離婚後、年金事務所に出向いて申請をすれば④一律折半で分割されます。
(合意分割では相手と協議した上で按分割合を決定する必要があります。)

【山田夫妻のケース】

◇ 平成20年5月に結婚
◇ 夫は会社員(厚生年金)
◇ 妻は専業主婦

先ず山田夫妻が結婚したのは平成20年5月なので、
3号分割の適用期間(平成20年4月以降)の条件をクリア出来ます。

次に婚姻期間中、妻は専業主婦だったので、
厚生年金を納付していないことから、3号分割の申請が出来ます。

こういう訳で3号分割(年金分割)の申請を行うには、
2つの条件をクリアする必要があるので、現時点では利用出来る方は少ないです。
(将来的には増えていくと考えられます。)

【関連記事】
年金分割ってどんなもの?(入門編)
年金分割を利用出来る人は?
合意分割ってどんなもの?
年金分割と公正証書の関係
離婚の情報を集める

当事務所では公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【年金分割 2017/01/21】