離婚協議書の特徴について

離婚協議書の特徴とは

無料離婚相談を実施中です

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるという特徴があるので、
離婚条件(親権・養育費・面会交流等)も、各ご夫婦の意思で結論を出せます。

例えば、養育費の終期(支払最終月)についても、
自由な意思(高校卒業・20歳まで・大学卒業等)で決定出来ます。

離婚協議を終えた時、合意した離婚条件については、
口約束で終えることも、書面(離婚協議書)に残すことも自由に決定出来ます。

ちなみに名称については、
離婚協議書ではなく合意書と呼ばれる方もいます。

【離婚協議書の特徴】

① 書式は自由
② 同じ内容の書面を2部作成
③ 双方が書面に署名と押印をする
④ 行政書士に依頼しなくても夫婦間で作れる

離婚協議書特徴として、①書式は自由なので、
手書き作成でも良いですが、出来ればパソコンでの作成をお勧めします。
(当事務所ではパソコンで離婚協議書を作成させて頂きます。)

次に②同じ内容の離婚協議書を2部作り、
離婚後、1部は夫が保管をして、もう1部は妻が保管することになります。

最後に離婚協議書の文末に夫と妻が、
直筆で夫用と妻用それぞれに③署名と押印(実印)して完成となります。

仮にパソコンで離婚協議書を作成しても、署名は必ず直筆で書いて下さい。
(注 鉛筆や消せるボールペンで書かないようにして下さい。)

当事務所では離婚チェックシートを使って、
各ご夫婦の意向に沿ったオリジナルの離婚協議書を作ります。 → 離婚協議書作成

【関連記事】
失敗しない離婚協議書の作り方
離婚協議書の長所と短所
離婚協議書と公正証書の違い
協議離婚の仕組みを理解する
協議離婚の進め方
毎月の養育費以外に決めること

当事務所では 公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【離婚協議書 2017/01/25】