公正証書離婚の特徴とは

公正証書離婚の特徴とは

無料離婚相談を実施中です

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるという特徴があるので、
離婚条件(養育費・慰謝料・財産分与等)も、各ご夫婦の意思で結論を出せます。

例えば、養育費の金額(分割払い)についても、
自由な意思(3万円・5万円・8万円)で決定出来ます。

離婚協議を終えた時、合意した離婚条件については、
口約束で終えることも、書面(公正証書離婚)に残すことも自由に決定出来ます。

【公正証書離婚の特徴】

① 公証役場でしか作れない
② 原案は夫婦作成
③ 強制執行力が与えられる

公正証書離婚の特徴として、全国各地にある
①公証役場でしか作れないので、手間と費用がかかります。
(通常、原案提出と作成日の計2回出向く必要があります。)

次に公正証書離婚のベースとなる原案については、
公証役場では作ってくれないので、夫婦間で用意する必要があります。
(原案の内容を口頭で伝えても良いですが、メモ書きをお勧めします。)

つまり原案を作る為には、夫婦で離婚情報を集め、
それをもとに離婚条件の話し合いを行って、結論を出す必要があります。

ちなみに原案の作成は、行政書士が作ることも出来ます。
(当事務所では代理作成となるので、ご夫婦は公証役場に出向く必要はありません。)

最後に公正証書離婚を作る為には費用がかかりますが、
その代わりに強制執行という大きな効力を得ることが出来ます。

強制執行を簡単に説明すると、
養育費等の不払いが起きた時に給与等の差押えが出来ます。

更に給与の差押え=会社にバレることに繋がるので、
「払わないといけない」というプレッシャーを与えるという特徴もあります。
(※ 当事務所ではこのプレッシャーを重視した原案を作成します。)

当事務所では離婚チェックシートを使って、
ご夫婦の意向に沿ったオリジナルの公正証書離婚を作ります。 → 公正証書離婚作成

【関連記事】
失敗しない公正証書離婚の作り方
公正証書離婚の長所と短所
養育費の金額の決め方
離婚慰謝料ってどんなもの?
財産分与ってどんなもの?(入門編)

当事務所では 公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【公正証書離婚 2017/01/31】