失敗しない公正証書離婚の作り方をお伝えします

失敗しない公正証書離婚の作り方

無料離婚相談を実施中です

公正証書離婚は公証役場でしか作ることが出来ません。
(公証役場は全国に約300か所あります。)

ただ公正証書離婚に書く内容(離婚条件)に関しては、
事前に夫婦間で合意している必要があり、役場の関与は最後の作成だけです。

つまり事前に合意している内容を充実させることが、
失敗しない公正証書離婚の完成へと繋がることになります。

【内容が充実とは?】

① 書き漏れをなくす
② 細かく離婚条件を定める

公正証書離婚の完成手順としては、公証役場に
合意内容のメモ書き(箇条書き)を提出し、公証人が清書して完成となります。
(公証人とは公証役場で執務している者を言います。)

公証人はメモ書きに沿った内容で清書するので、
①書き漏れ=反映されないので、何度も読み返してから提出して下さい。

「○△について協議しましたか?」

公証役場ではメモ書きの有効・無効の判断は行いますが、
基本的にこのような積極的なアドバイスをしてくれる可能性は低いです。
(無効と判断された場合は削除=反映されないという結果になります。)

つまり離婚後のトラブル率の減少に役立つ
②細かい離婚条件は夫婦間で作る必要があるので、情報収集が大切です。
(注 離婚時の状況によっては、細かく決めない方が良いケースもあります。)

時間とお金をかけて作った公正証書離婚を無駄にしない為にも、
依頼の有無は別として、1回は行政書士に相談することをお勧めします。

【関連記事】
公正証書離婚とは
公正証書離婚の長所と短所
離婚の情報を集める
養育費で最低限決めること
失敗しない離婚協議書の作り方

当事務所では公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【公正証書離婚 2017/02/01】