時間をかけて子供に伝えて下さい

子供に離婚を伝える

無料離婚相談を実施中です

お子様に離婚した事実を伝えるのは、
年齢や環境等を考慮した上で、あなたが良いと考える時期に伝えて下さい。

但し、離婚に伴う氏の変更や引越し等によって、
お子様が自然に気付く可能性もあるので気を付けて下さい。

1つ覚えておいて欲しいことがあります。

「僕(私)のせいで離婚した。」という、
間違った責任を1人で抱え込むことがあるので、
この場合は あなたのタイミングではなく、時間をかけて説明して下さい

丁寧に伝えれば、お子様も少しずつ理解をしてくれます。

又、離婚に至った経緯や原因にもよりますが、
お子様と相手との関係が良い場合は、面会交流についても協議して下さい。

面会交流はお子様の成長に欠かせないものであり、
気乗りしなくても、お子様が希望すれば叶えてあげる努力をして下さい。

離婚に伴い、あなたと相手は他人となりますが、
子供と相手の親子関係は続くということを忘れないで下さい。

ちなみに養育費と面会交流は分けて考える必要があるので、
「養育費要らないから会わせない」といった合意は無効なのでご注意下さい。
(注 養育費が未払いだから会わせないという考えも持たないようにして下さい。)

【関連記事】
離婚の2文字が頭によぎる
離婚前に考えること
離婚の情報を集める
離婚スケジュールの立て方
協議離婚の仕組みを理解する
離婚届のポイント

当事務所では 公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【離婚の準備 2016/05/09】