公正証書離婚完成までの手順を解説

公正証書離婚完成までの手順

無料離婚相談を実施中です

今回は公正証書離婚の作成について、
当事務所にご依頼を頂いた場合の完成手順をお伝えさせて頂きます。

【公正証書離婚完成手順】

① 無料相談
② 正式なご依頼
③ 離婚チェックシートの送付
④ 離婚チェックシートの内容説明
⑤ 離婚チェックシートの返送
⑥ 打合せ(離婚チェックシートの内容確認)
⑦ 1回目原案の作成&内容説明
⑧ 修正点等のヒアリング
⑨ 納得頂けるまで原案の作り直し
⑩ 双方が原案に納得

⑪ 委任状付き原案を送付
⑫ 原案に署名と押印
⑬ 原案と必要書類の返送
⑭ 前払い金のお支払
⑮ ⑬の書類を公証役場に提出
⑯ 公正証書離婚の完成
⑰ 送達証明書の発行
⑱ 当事務所報酬のお支払

①~⑩までは離婚協議書の手順と同じなので、こちらをご覧下さい。

次に当事務所では代理人として公正証書離婚を作るので、
委任状への署名・押印や必要書類の準備をして頂くことになります。
(ご依頼者様は1度も公証役場へ足を運ぶ必要はありません。)

必要書類は合意した離婚条件により異なりますが、
最低限、印鑑証明書・住民票・戸籍謄本は必要となります。

前払い金は公証役場に支払う手数料となり、
合意した条件により異なりますが、平均2~3万円になるケースが多いです。

「送達証明書って何ですか?」

公正証書は正本と謄本の計2部作られることになり、
謄本(債務者用)は公証役場から債務者(主に夫)に送られることになります。
(公正証書正本(主に妻用)は当事務所から送付させて頂きます。)

債務者が公正証書謄本を受取った後、公証役場では
「夫が受取りました」という証明書(送達証明書)を発行してくれます。

当事務所では完成後に⑱報酬を頂いており、
分割払いも対応しているので、お気軽にお問合わせ下さい。

【関連記事】
公正証書離婚とは
失敗しない公正証書離婚の作り方
公正証書離婚の長所と短所
公証役場手数料の計算方法(複数合意編)

当事務所では 公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【完成手順 2017/02/21】