慰謝料を一括でもらう時の考え方

慰謝料を一括でもらう時の書き方

無料離婚相談を実施中です

公正証書離婚や離婚協議書をご自身で作る場合、
どのような書き方をすれば良いかと悩まれる方が多いので、
複数回に分けて、慰謝料の書き方についてお伝えさせて頂きます。

【慰謝料の書き方】

甲の不貞行為で乙が受けた
精神的な苦痛に対する慰謝料として
金100万円を平成29年3月1日に
甲から乙へ譲渡した。

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
離婚条件については、双方が納得出来れば自由に決めることが出来ます。

「一括で貰った場合も書く必要がありますか?」

一括で受取った場合、このようなご質問を頂きますが、
離婚後のトラブルを防ぐ為にも、証拠として書くようにして下さい。
(例 貰ったのに貰っていない・金額が違うといったトラブル。)

ちなみに公正証書離婚を作っても、
証拠の記載という扱いなので、手数料は発生しません。

仮に離婚後に一括で支払う(賞与月等)というケースでは、
未来の話となるので、不払いに備えて必ず書くようにして下さい。

離婚後に支払う=強制執行(差押え)の対象になるので、
公正証書離婚を作った場合は、証拠の例とは異なり手数料の支払いが必要です。

こういう訳で慰謝料の一括払いのケースでも、
離婚前・後の受取りに関わらず、書面に残すことが大切です。

【関連記事】
慰謝料を分割でもらう時の書き方
慰謝料に期限の利益の喪失事項を定める時の書き方
離婚協議書とは
公正証書離婚とは
公証役場手数料の計算方法(慰謝料編)

当事務所では 公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【慰謝料2 2017/03/09】