協議離婚の仕組みを知ることから始めて下さい

協議離婚の仕組みを解説

無料離婚相談を実施中です

【協議離婚の成立条件】

① お互いに離婚の意思がある
② 親権者の決定(未成年の子)
③ 離婚届の提出

協議離婚を成立させる為には、①~③全てを満たす必要があります。

①に関する補足として、相手に離婚の意思がない場合は、
協議離婚は出来ないので、家庭裁判所が行う調停に進む必要があります。

②に関する補足として、お互いが親権者になれないので、
決定が出来ない場合は、①と同様に調停に進むことになります。

③に関する補足として、提出先は住所地や本籍地の役所となりますが、
本籍地以外の役所に提出する場合は、別途戸籍謄本を準備する必要があります。

協議離婚についてはこちらのページもご覧下さい。 → 協議離婚の進め方

協議離婚の特徴は、ご夫婦の話し合いで進める離婚なので、
裁判所や親族等の関与を受けることなく、お互いが合意すれば成立します。
(ご両親からの関与も受けませんが、相談はした方が良いです。)

第3者の関与を受けないというメリットが大きいので、
離婚するご夫婦の約9割が協議離婚を選択するという統計が出ています。
(残り1割は調停や裁判離婚となっています。)

離婚を考え始めたら、先ずは協議離婚の仕組みを理解した上で成立を目指し、
協議が難航したり、折り合いがつかない時に調停離婚へ進むことを考えて下さい。

【関連記事】
離婚の2文字が頭によぎる
離婚前に考えること
離婚の情報を集める
離婚スケジュールの立て方
子供に離婚を伝えるタイミング
離婚届のポイント
協議離婚のメリット
協議離婚のデメリット

当事務所では 公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【離婚の準備 2016/06/03】