協議離婚のメリットをお伝えします

協議離婚のメリット

無料離婚相談を実施中です

【協議離婚の成立条件】

◇ お互いに離婚の意思がある
◇ 親権者の決定(未成年の子)
◇ 離婚届の提出

協議離婚は以上3点が揃えば成立するので、
他の離婚(裁判所が関与する調停等)に比べて手続き面では簡単です。

又、協議離婚はご夫婦の話し合いで全て決定出来るので、
仮にご両親の反対を受けても、「精神的な葛藤」はあっても関与は受けません。
(夫婦間の意思で離婚する・しないを決定出来ます。)

こういう訳で、あまりお勧めは出来ませんが、
「明日、離婚したい」と伝えて、翌日に成立させることも可能です。
(このようなスピード離婚は調停等では出来ません。)

【協議で決定すること】

◇ 子供のこと(養育費や面会交流)
◇ お金のこと(慰謝料や財産分与)

協議離婚では養育費や慰謝料の支払額や、
財産分与の分与割合(預貯金を折半)等を協議の上、自由に決定出来ます。

例えば、年収が同じ田中サンと鈴木サンがいた場合、
田中サンは養育費を月4万円、鈴木サンは月6万円とすることが出来ます。

このように毎月の支払額に差が生じることも多々あり、
「話し合いで決定する」という、協議離婚の特徴が出ています。

こういう訳で協議離婚は「自由な協議」に委ねられるので、
離婚を決意したご夫婦の約9割が協議離婚(残り1割は調停等)を選択しています。

離婚を考えたら「調停ありき」ではなく、
譲れない部分があり、協議が困難な場合に協議離婚を断念する方が多いです。

協議離婚にはこのようなメリットがある一方、
当然にデメリットもあるので、次回以降の記事に掲載させて頂きます。

【関連記事】
協議離婚のデメリット
協議離婚で大切なこと
協議離婚での後悔(事例1)
協議離婚での後悔(事例2)
協議離婚の進め方
離婚の情報を集める
養育費の金額の決め方

当事務所では公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【協議離婚 2016/10/25】