夫が原案の内容に即答してくれることは少ないです

【離婚物語23】夫に原案を見せる

無料離婚相談を実施中です

協議離婚について分かりやすく解説する為に
複数回にわたって物語形式(フィクション)でお伝えさせて頂きます。
(始めからお読み頂く場合はページ下部の関連記事をご覧下さい。)

【登場人物】

夫 田中一郎(会社員)
妻 田中花子(専業主婦)
子 田中琴梨(5歳)

花子は一郎に離婚協議書の原案を見せました。

一郎「通知義務って何?」
一郎「清算条項って何?」

離婚の話し合いで出てこなかったこの2点について、
一郎は花子に質問をし、お互いにとって必要だと伝えました。

その他の内容に関しては、
離婚協議で合意した内容だったので、一郎は納得出来ました。

一郎「少し時間を欲しい。」

一郎としてはある程度納得出来ましたが、
じっくりと読みたいと考え、即答を避けることにしました。

花子も即答を求めていなかったので、この提案を受け入れました。

あとは一郎の返事を待つだけ。

【関連記事】
【離婚物語1】離婚を決意する
【離婚問題19】離婚協議書の作り方を調べる
【離婚問題20】ネットの文例を参考に作ってみる
【離婚問題21】専門家に相談する
【離婚問題22】離婚協議書の原案が出来る

当事務所では公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【離婚物語(中編4) 2017/07/10】