離婚届にサインをしたら完成

【離婚物語27】離婚届にサインをする

無料離婚相談を実施中です

協議離婚について分かりやすく解説する為に
複数回にわたって物語形式(フィクション)でお伝えさせて頂きます。
(始めからお読み頂く場合はページ下部の関連記事をご覧下さい。)

【登場人物】

夫 田中一郎(会社員)
妻 田中花子(専業主婦)
子 田中琴梨(5歳)

離婚協議書が完成したことで、
花子は一郎に離婚届を渡しました。

一郎「あとはサインだけだね。」
花子「うん。サインしてくれたら後は出すだけ。」

一郎は緊張しながら、離婚届にサインをしました。

一郎「これってどういう意味?」

離婚届には養育費と面会交流のチェック欄があります。

これはあくまでも確認(意識向上)という意味なので、
仮に「いいえ」だったとしても何か指導を受けるものではありません。
(注 但しお子様の将来のためにも、決めることが大切です。)

証人は共通の友人にお願いすることになりました。

こうして一郎と花子は離婚協議を終え、
あとは2人で離婚届を提出すれば、協議離婚の成立となります。

【関連記事】
【離婚物語1】離婚を決意する
【離婚物語24】同僚に相談をする
【離婚物語25】改めて離婚協議書を見る
【離婚物語26】妻に返事をする

当事務所では公正証書離婚離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚ブログの目次はこちらをご覧下さい。

【離婚物語(中編5) 2017/07/18】