離婚協議書の作成はお任せ下さい

離婚協議書完成までの流れ

離婚条件の話し合いから始めて下さい。
細かい所まで協議出来れば、後悔する確率も低くなります。

離婚条件の協議を始める

離婚条件の協議を始める

各ご夫婦によって協議内容は変わりますが、
子供のこと(親権・養育費・面会交流)やお金(慰謝料・財産分与)の協議を行います。

養育費に関しては長期間&お金の問題となるので、
おおまかに決めるのではなく、後悔しない為にも細かく決めるようにして下さい。

「何を協議するか分からない・・・」という場合は、
当事務所オリジナルの離婚チェックシートをご利用下さい。 → チェックシートの詳細

離婚条件に合意する

離婚条件の合意に至る

簡単に協議を終えるという方は少数で、
色々な不安や葛藤を経た結果、合意に至る方が多いです。

離婚協議書はこれらを乗り越えた上で作られるものです。

合意した離婚条件を忘れない為にも、簡単な「メモ書き」を残して下さい。

離婚条件を清書する

メモ書きを清書する

メモ書きを法的に有効な文章に変えて、
それをパソコンに打ち込み(手書きでも可)、夫用と妻用計2部印刷します。

合意した離婚条件が法的に無効な場合、
「何も決まっていない」状況と変わらないので、ご注意下さい。

ご夫婦が作ったメモ書きを確認する機会がありますが、
特に養育費について無効な合意をされている方をよく見かけます。

離婚協議書の完成

離婚協議書の完成

清書された離婚協議書の最後にページに、
「日付・住所・名前」を直筆で書き、「押印(実印)」をすれば完成となります。

離婚協議書はご夫婦だけで作ることが可能なので、
公正証書離婚に比べると、完成までの時間を短縮することが出来ます。
(ご依頼を受けて行政書士が作ることも出来ます。 → 離婚協議書作成の流れ)

仕切り線1

後悔しない離婚協議書を作る為に

私が離婚協議書を作ります

大切なことは「離婚協議書の中身を充実」させることです。

中身が充実=時間をかけて協議し尽くしたということなので、
離婚後の揉めごとが減り、後悔する確率が下がることに繋がります。

【協議前の心配ごと】

「何から手をつけたら良いのか・・・」
「何が分からないのか分からない・・・」

こういった心配は、正確な離婚情報を持つことで解消出来、
これらは離婚に強い行政書士・本・ウェブサイト等から得ることが出来ます。

多くの情報を持てば持つ程、質の高い協議を行うことが出来ます。

ご自身で集めることに自信がない場合は、
当事務所オリジナルの「離婚チェックシート」をご利用下さい。
(チェックシートのみの販売は行っておりません。)

【離婚チェックシートについて】

◇ 計13ページ63項目(養育費等)を掲載
◇ 離婚に必要な情報や知識を全て網羅

当事務所ではチェックシートと十分なヒアリングを通して、
知識や情報を伝え、オリジナルの離婚協議書を作らせて頂きます。

参考までにご自身で作った離婚協議書がA4サイズ1枚としたら、
ご依頼を頂くことによって、修正等を行い3~5枚程度の内容へ変わります。

【当事務所の特徴】

◇ 協議の過程が大切
◇ 全国対応で離婚協議書を作成

当事務所ではご夫婦の「質の高い協議の過程」を大切にしているので、
作成期間等は設けず、完成までどれだけ時間がかかっても追加料金は頂きません。

また郵送・電話・メールを使って、
離婚協議書を作れるので、遠方在住の方からのご依頼も多いです。

仕切り線1

離婚協議書を作る効果

離婚協議書のメリットをお伝えします

【離婚協議書の効果】

① 費用がかからない
② 証拠としての価値がある
③ 約束をしたという意識付けが出来る

離婚協議書には主に①~③のメリットがあり、
同じ書面でも公正証書離婚とは異なり、①費用がかかりません。

但し、行政書士へ作成依頼をした場合は報酬の支払いが発生します。

【不要なトラブルを防ぐ】

妻「面会交流は月1回の約束。」
夫「月1回ではなく2回の約束。」

離婚協議書を作る=書面として残るので、
一方の勘違いから生じる不要なトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

また離婚協議書には、「追加請求をしない」という「清算条項」を入れるので、
離婚後、支払者(主に夫)の生活設計が立てやすくなるというメリットがあります。
(ある日突然、追加請求されることを防ぐ(蒸し返しの防止)ことが出来ます。)

【時間をかけて協議する】

夫「養育費はどうする?」
妻「毎月分とは別に学費も心配・・・」

上述の通り、時間をかけて真剣に協議を行うので、
離婚協議書を作ることで「約束を忘れない」という意識付けがされます。

仕切り線1

離婚協議書にも限界があります

離婚協議書にもデメリットがあります

【離婚協議書の限界】

① 強制執行が出来ない
② 夫婦で作ると無効な合意をしやすい

離婚協議書には主に①や②といって限界があり、
ご依頼前にメリットだけではなく、デメリットもお伝えしています。

【公正証書離婚との違い】

◇ 時間短縮&費用節約
◇ 強制執行(差押え)不可

離婚協議書には公証役場が関与することはないので、
完成までの時間の短縮や費用の節約(夫婦作成なら0円)が出来ます。

逆に公証役場が関与しない為、強制執行(差押え)が出来ないので、
完成までのハードルは高いですが、公正証書離婚の作成をお勧めしております。

離婚協議書は公正証書離婚を作れない場合の次善の策だとお考え下さい。
公正証書離婚についてはこちらをご覧下さい。 → 後悔しない公正証書離婚

【よくある無効な合意】

夫「養育費の支払いはナシで。」
妻「その代わり面会交流もナシで。」

ご夫婦だけで離婚協議書を作る場合、文例を利用するケースが多く
意味を理解せずに丸写しすると、無効な合意を交わしている可能性があります。

「無効=何も決まっていない」という扱いを受けます。

養育費を「払わない(貰わない)」という合意をよく見かけますが、
お子様の成長の為のお金なので無効となり、離婚した後でも請求は出来ます。

つまり「全て終わった」と思っていたことが、
ある日突然覆される可能性があるので、有効・無効の判断は必ずして下さい。